【施工事例】採光豊かな吹き抜けのある家【前編】

こんにちは!中央ハウスです。

今回から【施工事例】白と黒を基調にした「採光豊かな吹き抜けのある家」をご紹介します。【前編】【後編】に分けてじっくりと解説します。

お施主様のこだわりがつまった、すてきな家になっています。さっそく見ていきましょう!

明るく清潔感のあるアッシュ柄の床を採用した、明るい広々リビング。白と黒を基調にしていて、黒の建具はLIXIL製建具「VINTIA」を採用し、スタイリッシュな空間に仕上げています。

お施主様のご希望で、リビングを広くとりたいとのことで、あえて和室を作らず、大きな吹き抜けとワイドサッシで明るく開放感のあるLDKを実現しました。色合いをシンプルにすることで部屋全体に統一感が生まれました。

キッチンまわりは、アクセントに木目の天井と白のタイルを入れてまとめています。

ポイントは、ダイニング側の壁に作られたティッシュ置き場として使えるニッチ。この部分にはコンセントが埋め込まれているので、ホットプレートなどを使うときやスマホの充電にも便利です。

足元にコードが干渉しないのもポイント。ひっかかったりする危険もないので安心です。また、足元にコードがないだけでおしゃれな雰囲気になることはもちろん、掃除がしやすいのもうれしいですね。

吹き抜けからはやさしい光がキッチンの奥まで差し込みます。優しい光りが差し込むキッチンでお料理ができたら、気分もあがりそうですね。

キッチンに立った際もリビングでくつろぐ家族の様子が見えるので、お料理をしながら会話を楽しむことができます。

キッチンの高さはお施主様のご要望に合わせています。

キッチンの横には、階段下をうまく利用したキッチンパントリーもあります。食料品はもちろん、あまり使わない調理器具などがしまえます。可動式の棚になっていますので、しまう物に合わせて高さを調節できて、ムダなくしまうことができます。

また、キッチンに合わせたカップボードもあり、キッチン周りをスッキリ、キレイに片付けられそうです。

 

次回は【後編】として、広々とした玄関や、生活に欠かせないサンルームなどをご紹介します。お楽しみに!