身支度カンタン。ファミリークロークのあるお家【前編】

こんにちは!中央ハウスです。

木のドアと白い壁のコントラストがおしゃれな玄関ポーチ。奥行きがあるので、雨に濡れにくいようになっています。外壁の素材感やタイルなども、お施主様のご要望に合わせて幅広く仕上げることができます。

足元には「HELLO」の文字。遊び心あふれる設計も大歓迎です!

LDKには、ハンドスクレイプ加工が施された凹凸感が心地良い、足触りにもこだわった無垢床材アカシアを採用。色合いがおしゃれで、ヴィンテージ感が漂う空間になっています。

キッチンの壁面には、コンセント付きのニッチ。便利なのでお客様のニーズが多く、ほとんどのお客様がつけられます。

LDKと和室は続き間になっていて、天井高まである開放的なスクリーンパーティションで仕切れるようになっています。

スクリーンパーティションを開けると、白を基調とした和室。白い灰桜のタタミを採用し、優しくモダンな雰囲気にまとめました。

大きな建具をオープンにして、大空間LDKのサブリビングとしたり、間仕切って個室にもできます。

この和室はリビングからだけでなく、玄関ホールからの2方向から出入りができるので、来客時にも便利に使えそうですね。

キッチンからは、リビングや和室を見渡すことができます。キッチンに立ちながらも、家族とのコミュニケーションがとりやすい間取りなのが特徴です。

おしゃれなペンダントライトはお施主様からの持ち込みです。最近は、インターネットで調べて、お客様ご自身で照明を探して、持ち込むというケースも増えています。

もちろん、イメージをお伝えいただければ一緒にお探しもできます。お気軽にご相談下さいね。

次回も、【施工事例】「身支度カンタン。ファミリークロークのあるお家」の後編をお届けします!お楽しみに!