アフターメンテナンスにはどんなものがある?

こんにちは、中央ハウスです!

家は作って終わりではなくて、住み続けるものなので、家を建てる会社のアフターメンテナンスについても知っておくことが大切です。どの会社にするか決める前に「その会社にはどんなアフターメンテナンスがあるのか」を知っておきましょう。

今回は、【コラム】中央ハウスのアフターメンテナンスについてご紹介します。

家の引き渡し後の保証内容は?

 

1.ハウスガードシステムによる保証

長期優良住宅よりも高い耐久性を生むハウスガードシステム。万が一、保証期間内に木材の腐れやシロアリ被害が発生した場合は最高300万円の損害賠償保障がついております。
こちらの保証期間は10年間ですが、10年目に床下処理の再施工(有償)を受けることで20年間に延長が可能です。

2.設備保証期間は3年間

通常、アフターサービス基準書による保証期間は「2年間」です。
中央ハウスではよりお客様に安心していただきたいという考えから「3年間」としています。

また、メーカー保証期間が3年を超えるものについては、その期間を保証期間といたします。

3.地盤サポートシステムの保証

ジャパンホームシールド(株)による着工前に行う地盤調査の結果に基づき、地盤の「品質保証書」を発行いたします。保証期間はお引渡し日より20年間保証。安心して暮らせる地盤品質を保証しています。

4.新築住宅瑕疵保険による保証

中央ハウスのお家は、新築住宅瑕疵保険に加入しています。

具体的な内容としては、建物の建築途中に第三者機関による設計施工基準に基づく検査を受けて、構造耐力上の主要な部分および雨水の侵入を防止する部分に対した保険へ加入しております。保険期間はお引渡し日より10年間となっております。

その他のアフターメンテナンスには?

 

→定期点検、その他突然のトラブルにも対応いたします。

引き渡し後も家の定期点検を実施。期間が近くなったらダイレクトメールでお知らせし、お客様のご都合のいいお日にちを選んでいただけます。

また、突然のトラブルがあった場合は、その都度対応させて頂きます。早急に対応いたしますので、ご安心ください。

次回は【施工事例】をご紹介します!お楽しみに!