「グレイッシュトーンの大人っぽいお家」玄関~リビング編

こんにちは、中央ハウスです。

今回から【施工事例】「グレイッシュトーンの大人っぽいお家」を前編、後編に分けてご紹介します。前編の今回は、玄関、リビングなどをご紹介します。

さっそく見ていきましょう!

外観はグレーに黒を効かせたスタイリッシュな印象に。

鹿児島は桜島の灰が降るため、汚れが目立ちにくいように柄が入ったものを選びました。

サッシや破風板、軒天は引き締め効果のある黒色を採用しています。

あえて全体を一色ではまとめずに、玄関まわりはコンクリート打ちっ放しのサイディングで無機質な雰囲気を演出。

スモークヒッコリーの玄関ドアを取り入れたことで、クールで大人っぽい印象に仕上がりました。

玄関は、グレイオークのドア、靴箱に合わせて統一感が出るように全体の配色をダークトーンでまとめました。

黒の棚板を入れた雰囲気の良いシューズクロークはお気に入りのスペースです。

LDKの床には、スモークアッシュ柄のエアー・ウォッシュ・フローリング・建具はYKKのグレイオークのドアを採用しています。

建物内部も外観に合わせて「スタイリッシュで大人っぽい」をコンセプトに黒とグレーをメインにまとめました。

リビングの窓は、南からの光をたくさん取り込めるようにワイドサッシにすることで、開放感のある空間に。

LDKの器具は黒一色でまとめました。特に、黒のダウンライトは光の広がり方が少なく、暗くなりがちになるので、暗くならないように数や配置に注意して設置しました。

次回も【施工事例】「グレイッシュトーンの大人っぽいお家」の後編をお届けします。お楽しみに!