「家事動線にこだわったモダンスタイルのお家」シューズクローク~バスルーム編

こんにちは、中央ハウスです!

前回に続き、今回も【施工事例】「モダンスタイルのお家」をご紹介します。後編は家事動線やバスルームなどをご紹介します。

それでは、まずは家事動線から見ていきましょう!

家事動線は使い勝手がいいようにこだわりを詰めこみました!

お施主様はもともと平屋をご希望だったので、基本的な生活は1階だけで完結するように設計にもこだわられたそうです。玄関、シューズクローク、ファミリークロークの小回りがきく、家事がしやすい家が完成しました。

シューズクロークからキッチンへの移動が楽だと忙しい奥様にも余裕が生まれそうですよね。

水回りはモノトーンにまとめて、リビングと調和のとれた雰囲気に。

トイレは造作棚と黒のペーパーホルダーがスタイリッシュです。トイレのクロスは、お風呂のクロスに似ているものを採用することで統一感を出しています。

お風呂のユニットバスはトクラス製を採用。

モノトーンのクロスがバスタブを引き立ててくれています。お風呂の台をあえてはずしているのもポイント。お掃除が楽になり、見た目もスッキリしました。

また特徴的なのが、洗面台と脱衣所を分けた動線。

お施主様は娘さんがいることから、年ごろになったときに家族が気兼ねなく使えるようにというコンセプトから設計されたそうです。

いつでも洗面台を使ったり、お風呂に入ったりできる動線もいいですね。

吹き抜けは、少しでも陽が入るようにしたいという旦那様のご希望から設計されました。

中央ハウスの設計士からもご提案させていただき、吹き抜けを作ることで子ども部屋にロフトを作れることに。お子さまたちも「秘密基地ができた!」と喜んでくれているそうです。

お施主様からコメントをいただきました!

「小さいところでいろいろとわがままを言ったり、素人だからこその無理を言ったり、何回も悩んだりしましたが、いつも一緒に考えたくさんのアドバイスをいただき、結果、満足のいく家が完成しました。中央ハウスのみなさん、本当にありがとうございました!」

ありがとうございました!

次回は【家づくりコラム】をお届けします!

お楽しみに!