「四季の移り変わりを感じられるお家」外観~LDK編

こんにちは、中央ハウスです。

今回から【施工事例】「四季の移り変わりを感じられるお家」を前編、後編に分けてご紹介します。前編の今回は、外観、玄関、LDKなどをご紹介します。

さっそく見ていきましょう!

外観は、総2階風にして、勾配の緩いガルバリウムの片流れ屋根を採用。スッキリとしたスタイリッシュな印象に設計しました。

シンプルになり過ぎないように、外壁を上下2色に張り分けをしてメリハリをつけています。

スタイリッシュさに爽やかなイメージをプラスできるように、ネイビーとホワイトの清潔感のある色合いを選びました。

チーク柄の玄関ドアが映えて雰囲気の良い外観に仕上がっています。

玄関を入って奥に見えるリビングへと続くドアは、ガラス面を大きくしてリビングからの光も入るようにしました。天井は木目を長手方向に流すことで、奥行きを感じられるようにしてあります。

玄関は、階段下を有効活用したシューズクロークをつけています。アウトドア用品やベビーカーなどをスッキリしまうことができます。棚は可動式になっているので、しまうものに合わせて調整できるのもポイントです。

LDKは、全体が明るくなるように南に向けてL型に配置しました。南側に大きな掃き出し窓が2つあるので明るく、開放的なリビング空間に。

お子様のスタディースペースとしても使えるカウンター・掃除機や家族共有の小物などがしまえるリビング収納を設けてあります。

床には、足触りの良いハンドスクレイプ加工が施された木目の綺麗なアカシアを採用。

照明には青色と相性の良い真鍮のペンダントライトやブラケットライトを採用し、空間にアクセントを取り入れました。

外観のイメージのまま、リビングも青と白に木目でさわやかな印象にまとめています。

家全体を清潔感のあるイメージで設計しました。

 

次回も【施工事例】の続きをお届けします。お楽しみに!