「心地よい空間で過ごせる広々としたお家」外観~リビング編【前編】

こんにちは、中央ハウスです!

今回は【施工事例】「おうち時間が楽しくなる広々としたお家」について、お施主様にこだわりの部分をインタビューしてきました!

前編、後編に分けてじっくりご紹介します。

さっそく見ていきましょう!

Q:外観の片流れの屋根で、総2階風にすっきりまとめられたスタイリッシュな印象ですね。素敵な玄関アプローチやリビングから広がるウッドデッキ、日当たりも良い緑がキレイなお庭。まわりからの視線も気にならないのがいいですね。

外壁に決めた理由や、外構プランを決める際にこだわったポイントを教えてください!

A:外壁は、落ち着いたイメージを持てるように明るすぎない緑色を選びました。リビングとウッドデッキの高さをそろえてもらい、室内と外と一体感が出るようにしています。

Q:帰ってくるのが楽しみになるような玄関ですね。広めに設計されているので窮屈感がなく、上品な空間に仕上がっています。

照明つきのウェルカムニッチや、鍵や小物を置ける造作棚も便利そうですね。どのようなイメージで作られたのですか?

A:家族が並んで靴を履けるような広い玄関に憧れていたので、そのイメージで作りました。

あえてシューズボックスは置かず、オープンな収納にすることで空間を広く見せるようにしています。

Q:大きな窓が特徴的な開放感のある広々LDK。キッチン部分の下がり天井や間接照明もカッコイイですね!ハイサッシを選ばれた理由やこだわりのポイントを教えてください!

A:空間が広く見え、開放感を得られるようにハイサッシにしました。統一感が出るように室内建具とキッチンの背面の色を合わせたのもポイントです!

Q:リビングに隣接した和室は、ペンダントライトや建具がおしゃれですね。小上がりにしたり、天井高を落としたりなどこだわりがつまっている場所だと思います。ぜひポイントを教えてください!

A:軽く腰掛けられるように少し高さを上げました。落ち着ける空間にするために天井高を低めにして、クロスやライトは暖かみのある色を選びました。

(つづく)

次回も【施工事例】の後編をお届けします!お楽しみに!